体重減少と糖尿病の関連性

糖尿病を患っている人は太っている人が多いというイメージを持たれる方は多いと思います。
しかし、実はそうではなく、体重は減少してしまう傾向にあるのです。
これはなぜでしょうか。

減少してしまう理由としては、糖を上手く取り込めなくなり身体が栄養不足であると誤認してしまうと、栄養を摂取したいと訴え空腹や喉の渇きで要求してくるようになります
それに耐えられず飲食を繰り返していると、どれほど食べても取り込めない栄養に身体はどんどんと壊れていき、ダメージを受けていきます。
それまでは糖だけが取り込めなかったものが、勘違いした身体は他の栄養も取り込まずに排出していくようになり、栄養を失った身体はみるみる減量していくといった現象が起きてしまうのです。

ですがここまで来てしまうと糖尿病は大きく進行してしまっていますので、早期に発見し医師に相談することが大切になります。
いくら食べても飲んでも体重が減っていくということはありませんか?その場合は、一度検査を受けてみた方が良いでしょう。
初期段階でない場合、放置しているとすぐに合併症が起きてしまう場合があります。
すぐに治療に向けて動き出しましょう。
糖尿病は辛い病気なのです。