糖代謝異常と糖尿病

糖尿病を言うと、どうして起こってしまう病気だと考えますか?甘いものを食べ過ぎると糖尿病になる、という風に考えている方がほとんどだと思います。
それも確かに、原因の一つといえますが、実は本当はもっと違う部分が関わっているのです。

ですが、甘いものを食べ続けるから起こるというのは、間違っています。
血糖値があがる事によって排尿をする際に糖が混じる事で糖尿病と診断されます。
それは、体の中の細胞がうまく循環しておらず、糖を取り込むことが出来ていないから起こってしまっています。
元々、細胞は酸素や糖などを取り込む事によって活発に活動し、体内を循環します。

それによって体内の悪いものや良いものをしかるべき場所へ運んでくれるのですが、栄養を取りこむことが出来ていないと、その働きをしなくなってしまいます。
それがこの病気です。
この病気にかかると、他にも身体に悪影響が出てきてしまいますので、きちんと根本から治療することが大切です。

しかし、病院で貰う薬は、合併症などが起こらないように抑えるものが多く、根本から解決してくれるものではありません。
根本から解決するには、きちんと細胞が糖を吸収できるようにしなければなりません。