注射と糖尿病

インスリン治療というのは、糖尿病を治療する際に用いられる方法です。
糖尿病には1型と2型があり、糖尿病1型の場合に用いられます。
2型の場合は基本的に内服薬で治療することが出来ますが、それでも血糖をコントロールできない場合など、インスリン注射にて補い治療に使われます。

インスリン注射はよく使われるようになると思いますが、だんだんと改善されて注射を打つ際には痛みをかんじないようになってきています。
注射と聞くと怖くなって治療を受けるのを尻込みしてしまう方もいるかもしれませんが、痛みはほとんどありませんので安心して治療に専念してください。
血糖コントロールは合併症を改善するためにも必要なので治療を行いましょう。

しかし、インスリン注射は過剰にしてしまう方もいるようです。
過剰にしてしまうと、体内のバランスが崩れてしまいますので、きちんと適切なタイミングで摂取するように心がけて下さい。
特に1型の場合はインスリンの分泌がされませんので、一生続けていかなければならないものなので適切なタイミングというのは本当に大切なことになります。
また、血糖値は自己測定器を使って測ることが出来ますので、測りながらコントロールしていくようにしましょう。